食器棚 収納


食器棚.com


 
トップカテゴリ一覧ご利用案内よくあるご質問
トップ > 食器棚選びの参考情報 >
 
収納アイテム・設置場所で決める!かしこい食器棚選び




快適なキッチンにするためには、便利で使いやすい食器棚を選ぶことが欠かせません。また、お皿やグラスなどをただ単に収納するのではなく、美しく収納するということも大事なポイントです。

お皿やカップなどを趣味としてコレクションしている方も多いでしょうし、そういったお気に入りのアイテムをキレイに並べておくことができれば、料理や食事の時間もさらに楽しくなるでしょう!

食器棚を選ぶ際には、ぜひ使い勝手の良さと、収納の美しさというところを意識してみてください。使い勝手でいえばどんな機能がほしいか、収納の美しさでいえば中に収納するものや設置する場所、お部屋のインテリアとの相性を考えて選びたいものですね。




キッチン?ダイニング?置く場所に応じた食器棚選び

食器棚は、置く場所によって選ぶべきタイプが異なります。キッチンに設置する場合には、食器類だけでなく、調理器具や、電子レンジ、トースター、炊飯器なども収納できるような大きめサイズの食器棚がおすすめ。スライド式の棚がついていると、炊飯器などを必要なときだけ手前に出して、という使い方ができるのでとても便利です。

ダイニングに設置する場合にはあれこれと収納できるものではなく、食器類やカトラリーの収納をメインに、できるだけダイニングの雰囲気や、テーブルやチェアなどを含めたインテリアの統一感を壊さないものを選ぶと良いでしょう。




収納する食器に合わせて食器棚のサイズを考えよう!

食器棚選びで欠かせないのが最適なサイズ選びです。事前にどれくらいのスペースにどれくらいの量のものを収納するのかをきちんと測っておきましょう。食器は大皿や中皿などお皿のサイズもさまざまですし、形状もいろいろです。茶碗やティーカップ、グラスなど家にどんな食器があるかをチェックしておきましょう。

その中で一番大きなお皿のサイズを測り、そのサイズに適した奥行きのある食器棚を選んでおくと間違いないと思います。ですので、食器棚を選ぶ際には外寸だけでなく内寸のチェックも忘れずに。意外と見落としがちなポイントですので、ぜひ覚えておいてください。




大型の食器棚選びは強度に着目!

収納力重視の方は大型の食器棚を選ばれるかと思いますが、その際は強度もしっかりとしたものを選ぶようにしましょう。棚板の間口が90センチ以上になるような大型の食器棚ですと、上に置いたものの重さで板がたわむことがあります。

ですので、重いものを載せる場合には、棚板が分厚くしっかりとしているものを選ぶようにしましょう。また、棚板の取り外しができるタイプのものの場合は、ムラやフシがなく、安定性がきちんとあるかも確認しておきましょう。




「食器棚選びの参考情報」一覧へ戻る >>






トップページ >>





カテゴリ一覧サイトマップ


Copyright (C) 食器棚.com. All Rights Reserved.