食器棚とは


食器棚.com


 
トップカテゴリ一覧ご利用案内よくあるご質問
トップ >

 
食器棚とは

食器棚とは
食器棚とは、食器を収納するための家具です。食品を貯蔵したり、キッチン家電を置いたりするためにも使用されます。


食器棚の歴史
<14世紀のイギリス>
食器棚が使われるようになったのは、14世紀頃のイギリスです。当初、食器棚は、本棚に扉のついたような形でした。16世紀になると、金や銀でできた高級食器を立てかけて飾るためのディスプレイ用の食器棚も誕生しました。食器棚の扉にガラスが用いられるようになったのもこのころです。また、家具職人によって、様々なデザインの食器棚が作られるようになりました。

<産業革命の影響>
産業革命以降のヨーロッパでは、大量生産の技術で数多くの食器棚が作られるようになりました。しかし、20世紀には、安価で粗悪な商品が生まれるようになったことに反発し、中世のころの手仕事の良さを取り戻そうとする運動が起こり、使いやすさと中世の家具の装飾性を取り入れた食器棚が人気を集めました。

<日本の食器棚>
日本において食器棚の原型とされているのは、茶器などを収納する「茶たんす」や食器類を収納する「水屋(みずや)たんす」です。これらは江戸時代以前からありましたが、一般に普及したのは明治・大正時代です。昭和以降になると、生活スタイルの変化に合わせて洋風の食器棚が製造・輸入されるようになりました。


食器棚の役割
<食器の衛生を確保する>
食べ物を直接のせる食器やじかに口に触れるグラスやカトラリーは、調理と同様に衛生状態を万全に確保しなければなりません。食器棚に収納することによって、ほこり、害虫、ばい菌から食器類を守ることができます。

<食品の品質を守る>
食器棚は食品を収納するために使われる場合もあります。食品は、湿気や温度によって品質が損なわれやすく、保管の仕方には注意をしなければなりません。食器棚に食品を収納することによって、変質やカビの繁殖・害虫から食品を守ることができます。

<家事動線をスムーズにする>
食器棚には、炊飯器や電子レンジなど調理家電を置く機能もあります。食器棚を調理台として使うことで、調理作業の効率が良くなり、キッチンのスペースをより有効に使うことができます。

<食器を飾る>
食器棚は、絵柄やデザインが美しい食器や、特別な思い入れがある食器を飾るという役割もあります。


食器棚の構造
食器棚は、底板と天板の間に棚板が設置され、扉を開閉して使うのが一般的なスタイルです。扉はガラス製か木製です。棚でなく、引き出しに収納するタイプもあります。



関連コンテンツ

食器棚とは

当店の特徴

食器棚の選び方

種類

材質






食器棚.com トップカテゴリ一覧ご利用案内よくあるご質問

会社概要サイトマップショップ一覧特定商取引法の表記お問い合わせ


Copyright (C) 食器棚.com. All Rights Reserved.